どうも、たっちゃんイズム管理人のたっちゃんです。

今回の記事は、働いて所得を得ているにも関わらず国民年金を払わずバックレている人への温かい内容ですわ。

 

「2017年国民年金の強制徴収額引下げ方針発表!ゴネ得未納金者の差押えもう逃がさないから!」

 

これは産経さんの記事にのっていたのですがやっと日本年金機構さんが本腰までとはいかないけど未納者への強制徴収を強化するっちゅう記事だわな!

 

[ad#co-1]

会社勤めして、少ない給料から毎月しっかり確実に徴収されている人から見たら未納者にもっと強制徴収罰則強化もしろやって感じではあるんだけどな~!

 

今回の記事をざっくり言ってしまうと・・

 

1、2017年度は国民年金払わない人から之まで以上にしっかり取っていくからなby日本年金機構

 

2、国民年金未納金強制徴収対象者の枠を広げっからな(年間所得350万円から300万円以上を対象

 

3、2016年度国民年金未納者財産差押え件数7334件

 

4、日本には、350万以上の所得があっても未払いの人間が2万人以上もいるらしい

 

っと、まあこんな感じの内容です。

 

特に驚くのが4番目に挙げた2万人以上の国民年金未納者のうち、年間所得1000万円以上の未納者がナ・ナント1381人もいるって事。

 

これって、お金がなくて払えないって事はないよな?

 

俺の年収の2倍も稼いでるやんか!

 

まっ、こやつらの考えは自分の老後は自分で稼ぐから年金貰うつもりないから払わんでもいいだろって考えなんだろうけどな!

[ad#co-1]

でも、人間の人生なんていつ天国から地獄に落ちるか分からんもんだしな。

 

こういう人はそん時になって年金がもらえなければ生活保護貰えばいいんだみたいなずる賢さな考えも持っているんだろうけど!

 

「簡単に言えば自分勝手な人達」なんだろな!

 

私の考えとしては、国民年金生活保護費を紐づけてほしいと思っているんだがどう思う?

 

五体満足で働かなかったり、働いても私利私欲にお金を使い国民の義務は果たさないでいざとなったら、国民としての最低限度の生活保障を受ける権利を主張する!?

 

このような人達には更に厳しく対応していくというのが新たな方針のようです。

 

昨年に引き続き国民年金未納者への対応としては国税徴収法を元に、市町村から所得情報を確認し特別催告状が送付され銀行預貯金調査を始めしっかり徴収されていく流れみたいです。

 

あと、先ほど触れた内容ですが国民年金よりも生活保護費が高いってのもおかしいわ!

 

理由なく、国民年金払っていない人には生活保護受ける権利を持たせるべきじゃないんじゃないかと思う。

 

でも、国民年金払わないこんな人達が日本には3割もいるのも驚きだけどな!

 

(平成26年度の納付率が71・5%)

 

誰もが、払わなくていいなら払いたくないけど、でもこれは日本で暮らす国民としての義務やし考えてもらいたいわ~!

 

勿論、理由があって払えない人に無理に払えよとは言わんけど、所得を得て払えるのに払わない悪質な人には行政罰や刑事罰の強化はして貰いたいと思うのが頑張って払っている国民に対して公平・公立をうたう国の在り方なんではないんでしょうかね!

参考https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000044-san-soci

 

[ad#co-1]